出産後から急にシャンプーが合わなくなった!その意外な理由とは?

シャンプーをしている赤ちゃん

「出産するまでは問題なく使えていたシャンプーが、産後に使ったら頭皮にかゆみが出た」という話がよく聞かれます。これはシャンプーだけに限った話ではなく、化粧品など「肌に直接つけるもの」でこのような症状が出る可能性があります

原因は主に「産後のホルモンバランスの乱れ」です。放置しておくと頭皮に炎症が起きて抜け毛が進行する可能性があるので対策が必要です。

・産後にシャンプーが合わなくなる理由とは

出産するまでずっと使ってきたシャンプーを産後に使うと「かゆみ」「赤み」「ヒリつき」など、頭皮に異常が出るケースがあります

中には頭皮に炎症が起きて「痛み」を伴うケースもあり、赤ちゃんのお世話で一番忙しい時にこのような頭皮トラブルが起こると辛いものです。しかし放置しておくとやがては抜け毛が増える原因となるので、対策が必要です。

出産して肌質が変わってしまった原因は主に「産前産後の女性ホルモンのバランスの変化」が考えられます。

妊娠すると「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類の女性ホルモンの分泌量が増加し、身体の中に蓄えられます。そして出産と同時にこれらが身体の外に出され、分泌もしばらくは停止します。

女性ホルモンはとてもデリケートなもので、これらの一連の分泌量の急激な変化が女性の体調に変化をもたらす可能性があるのです。これまで肌のベタつきを感じていた人も急に乾燥肌になったり、この逆もあります。そしてシャンプーや化粧品など、肌に直接つけるものを使ってお肌に異常が出てしまうのです。

・女性ホルモン以外にも原因あり

産後の肌質の変化の原因は女性ホルモンのバランスの乱れ以外にも考えられます。

例えば妊娠して増えた体重をできるだけ早く元に戻すために食事を抜くダイエットをしたり、母乳育児により母乳を通して赤ちゃんに栄養をあげるといった理由で身体が栄養不足になってしまい、肌質が変わってしまう可能性があります。

また睡眠不足やストレスも自律神経の働きを乱れさせてしまう原因となります。特にストレスは身体を常に興奮状態にさせる「交感神経」の働きを活発にさせてしまい、頭皮に皮脂が多く分泌される原因となり、頭皮が炎症を起こしてしまい抜け毛が増える可能性があります。

ダイエットは焦らずに運動を交えながら行い、また疲れを感じたらしっかりと身体を休めることが大切です。

・産後は日々のヘアケア方法を見直してみて

産前産後の女性ホルモンのバランスの変化は誰にでも起こることでやむを得ません。だったら産後に使うシャンプーをできるだけ「髪や頭皮に優しいもの」に変えることが望ましいです。

そもそも妊娠する前に使っていたシャンプーが特に含まれている成分を気にせずに選んだものであれば「洗浄成分」に「石油系界面活性剤」が含まれている可能性があります。一度使っているシャンプーをチェックすることをおすすめしますが、成分表に「硫酸」という名前が含まれているとこれにあたります。

産後にただでさえ肌質が変化しやすい所、この成分は殺虫剤に使われることもあるほど刺激の強い成分で、頭皮には刺激が強すぎます。汚れと一緒に頭皮の皮脂もとりすぎてしまい、乾燥を招く恐れがあるのでおすすめできません。

産後におすすめなのは洗浄成分に「アミノ酸」が使われてるシャンプーです。「グリシン」「メチルアラニン」「ココイル」といった名前を含む成分があるとこれにあたります。

アミノ酸は髪や頭皮を作る「タンパク質」の材料となるものなので刺激はほとんどありません。最初は「泡立ちの悪さを」感じることもあるかもしれませんが、汚れはしっかりととれていて皮脂を落としすぎる心配もありません。

このようなシャンプーを使い、頭皮をマッサージするように優しく洗ってしっかりと洗い流すように心掛けましょう。

・まとめ

出産してから使うシャンプーで頭皮に異常を感じた場合の原因と対策についてご紹介しました。

アミノ酸シャンプーは少し値段が高く感じるかもしれません。それでも乱れた女性ホルモンのバランスは長くても1年程度で妊娠する前の状態までもとに戻り、安定して分泌されるようになります。その頃には肌質ももとに戻ってくるはずなので、少なくともそれまでは上記のような対策をしていきましょう。


<産後の抜け毛についての人気関連記事>

帝王切開でも産後の抜け毛はある?すぐできる有効な対策は?

「産後髪がゴワゴワに…」原因と有効な5つの対策はコレ!

【産後の悩み】縮れたような髪が生えてくる…。原因は?!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ