帝王切開でも産後の抜け毛はある?すぐできる有効な対策は?

帝王切開で出産した女性

帝王切開をした人でも普通分娩をした人でも、産後の抜け毛が起こる可能性は十分にあり、帝王切開だから症状が軽い(重い)とは言い切れません

しかし万が一症状が出た時のために対策をしておけば、できるだけ軽くできる可能性は十分にあります。ここでは産後の抜け毛に有効な対策を見ていきましょう。

・産後の抜け毛の理由

2大女性ホルモンの「エストロゲン」と「プロゲステロン」は妊娠するとその分泌量が出産まで次第に増え続けていき、身体の中に蓄えられていきます。これらには妊娠を継続する役割の他、髪を太く成長させ、寿命を延ばす役割があるため、妊娠すると髪や体毛の量が増えたと感じるのは誰にでもあることです。

一方で出産と同時に身体の中に蓄えられていた2大女性ホルモンが排出され、産後に母乳を作るために分泌されるホルモンの影響で、2大女性ホルモンの分泌はほぼゼロになるため、妊娠中に増え続けた髪が一度に抜け落ちるのが「産後の抜け毛」で誰にでも起こることです。

一説には産後の抜け毛が起こるのは「産後の女性の6割以上」とも「7割以上」ともいうデータがあります。また抜け毛までにはならなくても髪のパサつきやうねり、ツヤがなくなるなど他の症状が出る可能性もありますが、帝王切開でも普通分娩でも起こりうることです。

更に「一人目より二人目を出産した人の方が症状がひどい」「高齢出産をした人の方が症状がひどい」など様々な噂はありますが、2大女性ホルモンが妊娠する前の状態まで安定して分泌されるようになるまでに長くても1年程度。この頃には抜け毛の症状も治まってくるはずです。

・産後の抜け毛対策におすすめのすぐできる対策は?

上でも説明したように産後の抜け毛は特に対策をしなくても自然に治まるものですが、中には1年以上たっても症状が治まらない人がいます。これは特に産後の生活習慣が関係している可能性が高いです。

ストレスを溜めない

特に初めての出産を終えた人が抱えがちなストレスは「頭皮の皮脂の過剰な分泌」と「頭皮の血流を悪くさせる」という抜け毛を更にひどくさせる原因となります。

「子育てを助けてもらえる人が近くにいない」という悩みがある人におすすめの行政の支援サービスもあります。有料の場合が多いのですが、ぜひこのような所を利用してストレスを溜めないようにしていきたいです。

食事のバランスを整える

子育て中心の生活をしているとバランスのとれた食事のメニューを考えることはできませんね。しかし産後にしっかりと食事をとることが乱れた女性ホルモンのバランスを安定させることにつながります。

疲れている時にはお惣菜などに頼っても問題はありませんが、そうでないときにはできるだけ自炊し、野菜をはじめとして多くの食品をバランスよく取り入れていくことをおすすめします。

睡眠をしっかりとる

出産による身体や髪のダメージはしっかりと寝ることで修復するためのホルモンが分泌されます。特に帝王切開をした人は「いつまでも身体のダメージが回復しない」という人も中にはいます。

産後はまとめて睡眠をとることが難しいのですが、細かい睡眠でも元気が回復するようにできています。まとめて睡眠をとらないと疲れが取れない気がするかもしれませんが、身体のためにも髪のためにも昼間は赤ちゃんが寝ている時に一緒に身体を休めること、そして夜も可能な範囲で睡眠をまとめてとるようにしましょう。

・まとめ

産後の抜け毛は帝王切開でも普通分娩でも起こる可能性があること、そして対策をすれば症状が出ても軽くてすむ可能性があることをご紹介しました。可能な範囲でぜひ今日からはじめていけるといいですね。


<よく読まれている人気の関連記事>

産後の女性のための育毛剤特集!人気口コミランキングをチェック!

【産後の悩み】縮れたような髪が生えてくる…。原因は?!

80%が産後の髪質の変化を実感?!これって戻る??

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ