女性が最もなりやすい“びまん性脱毛症”とは!?原因と対策 

頭をかく女性

びまん性脱毛症」は女性が最もなりやすい脱毛症で、薄毛の女性の半数以上の人が悩まされているというデータもあります。

以前は40代後半に発症する人が多かったため「年齢を重ねた女性だけが発症すること」と考えられていました。

でも最近では10代の後半から何歳でも可能性がある、まさに「現代病」とも言えますね。

「発症するとどんな症状が起こるのか?」そして「原因と対策はどうすべきか?」について見ていきましょう。

びまん性脱毛症の症状とは?

「びまん」とは「全体に広がる」と言う意味です。

最初は「以前と比べると髪全体にコシがなくなったな」「髪のボリュームが少なくなってきて朝のスタイリングに時間がかかるようになった」などといった、これまでにはなかった髪の悩みを持つことで気づく人が多いです。

特に若い世代は髪の悩みがあっても「まだ若いし、何もしなくてもいいか~」と何も対策をしない人もいるかもしれません。

でもゆっくりと構えていると分け目の周囲がどんどん広がり、薄毛の範囲が頭皮全体に広がっていくためにこのような名前がつけられたのですね。

ちなみに男性に最も多い脱毛症の「AGA (男性型脱毛性)」の女性版で「FAGA(女性男性型脱毛性)」とも呼ばれています。

AGAとの違いは、AGAは放置しておけば最終的にはツルツルにハゲてしまうこともありますが、びまん性脱毛症はツルツルになることはなく、頭皮が透けて見えるまでになります

「ツルツルにはならない」ということでホッとしている人がいるかもしれませんが、女性にとって髪はとても大切なものですよね。

確実に言えるのは「AGAよりは対策をすれば改善しやすい」と言われているので、できるだけ早く対策をしたいですね。

びまん性脱毛症の原因は?

考える女性

以前はびまん性脱毛症は閉経前後のいわゆる更年期の時期の女性が起こりやすかったため、『加齢による女性ホルモンの減少』が主な原因と考えられていて「年だからしょうがない・・」と対策をしない人が多かったのです。

しかし最近ではストレス生活習慣の乱れ、そしてピルを使ったことによる女性ホルモンのバランスの乱れなどといった原因で発症することも分かっていて、つまり若い世代から年齢を重ねた人まで誰でも発症する可能性はあるのです。

その他にも例えばダイエットのために極端に食事を制限したり、おしゃれのためにパーマやカラーを繰り返したり、もしかすると今使っているシャンプーがびまん性脱毛症の症状を進行させる原因になっているかもしれませんよ。

びまん性脱毛症の対策とは?

どんな病気でも症状が気になりだした時点で対策を始めれば進行をストップできる可能性は十分にあることですよね。

つまり少しでも「以前と髪質が変わったかも」と感じたら、上で説明した原因にあった対策をぜひ行っていきたいです。

ストレスを溜めない

ストレス発散

ストレスは頭皮の血流を悪くさせたり、皮脂を多く分泌させる原因となり、髪が成長するために必要な栄養を頭皮に運ぶ妨げとなったり、頭皮が炎症を起こしてしまい抜け毛が進行してしまいます。

働いている人は仕事のストレス、主婦の人は子育てや家庭のストレスなどがあると思います。できる範囲で自分のための時間(自分が楽しめる時間)を作って、ストレスを発散させるようにしたいですね。

食生活を見直す

バランスのよい食事

乱れた食生活は頭皮環境を悪くする原因に直結します。

疲れている時には外食やスーパーのお惣菜に頼っても問題はありませんが、できるかぎり自炊して3食バランスのよい食事をとるようにしたいですね。

1食で野菜を必ず入れたり、メインを肉や魚、卵など変えることを意識するだけで食事のバランスもかなり整ってくるはずです。

ピルの使用後は要注意!

ピル

生理不順の改善のため、また避妊のためといった理由でピルを使うこともあるかもしれません。

ピルを使っている最中はいいのですが、「しばらく薬を飲まない」「やめた直後」は特にホルモンバランスが乱れやすく、抜け毛が増えたりします。

これがきっかけで薄毛になってしまうケースもありますので、ホルモンバランスが乱れやすい期間には、イソフラボン系の食事を積極的に摂るなどして対策をしましょう。

髪や頭皮に負担のかかる事は避ける

20160225_085356

パーマやカラーを両方行う場合は1か月程度空け、自分ではなく美容院などで刺激の弱い薬液で行ってもらいたいですね。

また紫外線も髪を保護するキューティクルを壊す原因となります。

春から量が増える紫外線対策のために外出時には帽子や日傘で髪と頭皮を守りましょう。

毎日のヘアケアを見直す

トリートメント

今使っているシャンプーに「硫酸」という文字を含む成分が使われていると頭皮には刺激が強すぎてしまい、更に頭皮環境を悪くさせる原因となります。

おすすめは「ココイルグルタミン酸」といったアミノ酸系の成分が含まれているシャンプーで、毎日の汚れは十分に落として、頭皮を保湿する役割のある皮脂は適量に保ちます。

指の腹を使って優しくシャンプーをして、頭皮にシャンプーが残らないようにしっかりとすすぎましょう。

育毛剤を使う方法もオススメ

育毛剤

びまん性脱毛症は生活習慣の改善とともに、育毛剤を使っても症状改善のための手助けとなるでしょう。

びまん性脱毛症を起こしている髪と頭皮は「健康な頭皮」とは言えません。

例えば市販されている男性用脱毛症で女性が使えるものがいくつかありますが、成分が強すぎて逆効果になる場合もあるのです。

しかし女性用育毛剤であれば、びまん性脱毛症を改善するための成分が含まれているものがほとんどです。

例えば女性ホルモンのバランスの乱れが原因で起こりやすい頭皮の乾燥を改善するための「保湿成分」、食生活の乱れやストレスで悪くなった頭皮の血流を改善するための「血流促進成分」、そして細くなった髪に栄養を与える「アミノ酸」などが含まれています。

副作用がない限りは根気よく使い続けていきたいですね。

病院治療が必要?

看護師

びまん性脱毛症は症状が軽ければ上のような対策をすれば直る可能性は十分にありますが、薄毛が広範囲に広がってしまったり、頭皮が透けて見えるほどになってしまったら自分で改善するのは難しいため病院で治療を受けた方がよいでしょう。

病院と言えば皮膚科や婦人科に相談する方法がありますが、びまん性脱毛症は保険が適用されない場合が多いです。(病院で治療を受けて保険が適用されるのは怪我や病気の治療なので、病気ではないということですね。)

治療が長期間に渡ると治療費もかさんでしまうかもしれませんが、例えば病気が原因で発症している場合など原因によっては保険が適用されるケースもあるので、まずは一度相談してみることをおすすめします。

治療を受けることをためらっているうちに症状はどんどん進行していきます。

つまり早く治療を受けることが症状を早く改善することにつながるのです。

もし自宅から近い場所に「薄毛治療を専門に行う病院」があれば、詳しく検査をしてもらえるのでそちらに相談してみるのもよいかもしれません。


<よく読まれている人気の関連記事>

敏感肌や産後にも使える無添加の女性用育毛剤特集!人気口コミランキング!

【厳禁】抜け毛を改善する為にやってはイケない7つの事!

【基礎知識】産後の抜け毛の5大原因はコレだった!?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ